ダイエットサプリで人気のラクトフェリンや美肌を叶えるセラミドがおすすめ

ラクトフェリンやセラミドを経口摂取することで保水力アップ!

気持ちは若くてもお肌は年齢を重ねている~女性の永遠のテーマ~

肌のことで悩んでいる女性は年齢問わず多いです。ここでは、美容意識調査で第3位だった「肌質」について見ていきます。40代は肌の悩みが他の年齢層に比べて顕著になっているため、セラミドやラクトフェリンを配合した化粧品を選ぶと良いでしょう。ダイエットサプリを併用することも有効な方法です。

なぜ40代から急に肌のトラブルが多くなるのか

40代に入ってから急に肌質が変わった気がします。何故なんでしょうか?
通常、全身の細胞はそれぞれの一定周期で、古い細胞と新しい細胞の入れ替わりが起こります。そして、肌の場合はおよそ28日周期になっています。しかし、老化によってこの細胞の交換作業が上手くできなくなってしまうのです。特に、40代以降では肌のターンオーバーに遅れが出てきます。そのため肌のバランスも崩れやすくなり、肌質にも変化が出てくるのです。
若い頃に比べて肌が乾燥しやすくなった気がします。
女性ホルモンやセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった潤い成分の減少が原因です。肌の栄養素をしっかりと補給して肌に留める必要があります。肌細胞同士の結合が弱まれば、キメが荒くなり乾燥や炎症が起こりやすくなるのです。肌細胞間の結合を強めるセラミドや、肌細胞を活性酸素から守るラクトフェリン配合のコスメを使うと良いでしょう。また、内側から水分補給と栄養素を摂取するようにしましょう。美容に関する意識調査や口コミで、肌荒れの多い人は生活習慣が乱れているという結果が出ています。新陳代謝を促すために、積極的にライフスタイルを見直していきましょう。

肌の乾燥対策~年齢に応じたアプローチ~

美容の方法に正解はありません。人それぞれ体質が違う分、有効的なアプローチの仕方も様々だからです。美容意識調査で分かった40代女性の肌ケアについて、考えていきましょう。

40代女性のお肌事情

40代のセラミド含有量は20代の約半分(美容皮膚科ドクター)

肌の水分を守ってくれる「セラミド」は、40代になると20代の頃のおよそ半分にまで減少します。ヒアルロン酸やコラーゲンが減少することは知っていても、セラミドも減少することを知っている人は少ないです。ターンオーバーの過程で上手く生成できていないことが原因です。乾燥が気になる人は、セラミド配合の化粧品を選ぶと良いでしょう。

乾燥している肌はニキビ、シミ、シワのもとになる(美容外科クリニックドクター)

あらゆる肌トラブルを引き起こすのが、肌の「乾燥」です。女性と赤ちゃんの肌は、成人男性に比べて薄くできています。女性も赤ちゃんも同じく肌が薄いのに、何故赤ちゃんは綺麗な肌をしているのでしょう。それは、赤ちゃんが持つ「新陳代謝」と「肌の水分量」に関係しています。水分を失った肌は、外部の刺激に弱くなります。そこで、乾燥を防ごうと過剰に皮脂を分泌してしまうのです。しかし過剰に分泌された皮脂は肌荒れや肌の酸化を引き起こしてしまいます。水分量の低下とターンオーバーの遅れで、肌は弾力を失いシワやたるみシミも起こるでしょう。そのため、肌の新陳代謝と水分量を維持するケアが大事になってくるのです。

肌の乾燥に効果的な成分セラミドとヒアルロン酸

セラミド
セラミドは表皮の一番上の角質層にあります。「細胞間脂質」の一種であり、細胞同士の隙間を埋める働きがあります。水分を蓄えて肌を保湿し、また細胞同士の隙間を埋めることで外部のあらゆる刺激から守ってくれているのです。セラミドは細胞間脂質のおよそ50パーセントを占める大事な成分で、種類が1~7まであります。
ヒアルロン酸
セラミドが表皮の角質層に存在するのに対して、ヒアルロン酸は肌深くの真皮層に存在しています。網状の構造をしたコラーゲンやエラスチンの隙間を埋めてくれるムコ多糖類の一種です。粘度の高いゼリー状をしていて、その保水力はなんと1グラムあたり6リットルもあります。肌の弾力と潤いを保つ役目があり、肌以外に軟骨や目、脳や関節液にも使われています。

肌質改善にはどちらを選択すれば良いのか

肌の潤いにセラミドとヒアルロン酸が必要なのは分かりましたが、実際に効果があるのはどちらなんですか?
セラミドは角質層で、ヒアルロン酸は真皮層でそれぞれ大事な働きをする成分であるため、どちらも必要不可欠です。ヒアルロン酸で真皮の保水力を高めたら、それを逃さないように角質層のセラミドが蓋をするという感じです。セラミドとヒアルロン酸の両方をしっかりと補うことで、肌の状態は改善できます。最近はこの2つの成分をバランス良く配合した化粧品やダイエットサプリが人気です。美容や健康の口コミでもよく紹介されています。

セラミドの摂取方法

セラミドをどのように取り入れれば、肌質を改善でき美しさを保てるのか紹介します。

コスメケア編

コスメケアならバイオセラミドに注目
セラミドにはいくつか種類があります。ヒト型セラミドと疑似セラミド、植物性セラミドにミルクセラミドです。化粧品におすすめなのが、ヒト型セラミド、別名「バイオセラミド」です。バイオセラミドは酵母を利用して生成されたもので、保湿力が高く刺激も少なくなっています。最近は、バイオセラミドの中でも「セラミドナノスフィア」というものが注目されています。これは、通常の20分の1の大きさのセラミドです。ナノサイズのセラミドであるため、角質層の隅々まで浸透するのが特徴です。
セラミドの配合量にも注目
セラミド配合化粧品やサプリメントを選ぶ際は、その配合量もしっかりとチェックしましょう。セラミドは比較的高価であるため、価格が安過ぎる商品は微量しか含まれていません。化粧品の場合は、1本あたり3000円以上でできるだけ配合量を明記してあるものを選びましょう。また、セラミドと併せて他の保湿成分も配合したものを選ぶと、保湿効果を実感しやすくなります。

サプリメント編

サプリメントで内側からもセラミド成分を補給
セラミドには、水分バランスを維持することで肌を外的刺激から守る働きがあります。既に肌トラブルが発生している場合は、飲むタイプのセラミドで内側からケアすると良いでしょう。サプリメントに使われているセラミドは、こんにゃくやお米などから抽出された植物性セラミドです。そのため、口に入れても安心な成分ですが、食物アレルギーを持っている人は注意が必要です。原材料を確認するようにしましょう。
セラミドサプリの効果を示す調査結果も
セラミドサプリの原料としてこんにゃくやわかめ、ひじきに黒豆、小豆にお米などがあります。経口摂取されたセラミドにどれほどの効果があるのか、まだまだ研究が必要ですが、現在分かっていることもあります。植物由来のセラミドを4週間毎日0.6グラムずつ経口摂取した実験では、皮膚の水分蒸発量に変化が見られました。皮膚から蒸発する水分量が減少し、皮膚の保水性の向上が確認されたのです。

コスメとサプリどっちが良いの?

セラミドサプリとセラミドコスメで迷っています。どちらを選んだらいいのでしょう?
結論から言うと、肌に塗るコスメケアの方が即効性はあります。しかし、長期的なケアという面で考えると、外側だけでなく内側からもケアしていくのがベストです。特に、美容目的でセラミドを利用する場合は、併用した方がセラミドの働きを十分得られるでしょう。

老化しているのは肌だけじゃない~現実を見つめよう~

老化現象は全ての細胞に起こります。肌は老廃物や毒素を体外へ排出する機能を持つため、元々汚れやすいです。しっかりとケアするようにしましょう。

大人女性はインナーケアで肌の基礎や体力を回復

血管力
肌体力を決める要素として、「血管力」「代謝力」「水分保持力」「免疫力」があります。この4つ全てが働くことで肌は健やかさと美しさを維持できます。しっかりとケアすることで40代以降の肌トラブルも防げるのです。細胞の隅々まで栄養素と水分、酸素を届けてくれるのが、血管と血液です。エストロゲンの減少や血中コレステロールの増加で血管はしなやかさを失い脆くなっていきます。毎日軽い運動を行ない、食生活にも気を付けましょう。
代謝力
代謝力が低下するとターンオーバーが上手く行なわれなくなり、肌を含む様々なところで老化現象が見られるようになります。代謝力を高めるためには、まず睡眠をしっかりと取ることです。成長ホルモンが正常に分泌されることで新陳代謝が活性化されます。細胞の材料となるタンパク質を摂取したり、お風呂に浸かったりして代謝力を高めましょう。

TOPボタン